ここから本文です

[新製品]ソニー、4K・HDR対応ホームシアタープロジェクター、高輝度5000ルーメンの最上位機種も

BCN 9/7(水) 14:12配信

[新製品]ソニー、4K・HDR対応ホームシアタープロジェクター、高輝度5000ルーメンの最上位機種も

4Kホームシアタープロジェクター「ESシリーズ」の最上位機種「VPL-VW5000」

 ソニーは、4K・HDRコンテンツ対応のホームシアタープロジェクター「VPL-VW535」を10月29日に発売する。カラーは、ブラック、プレミアムホワイトの2色。税別価格は100万円。

 「VPL-VW535」は、独自開発のネイティブ4K液晶ディスプレイデバイス「4K SXRD」を採用し、臨場感のある高精細4K映像の投写が可能なプロジェクター。輝度は1800ルーメンで、映像を解析してランプ光量を自動制御する「アドバンストアイリス3」の搭載や、光学ユニットの改良によって、ダイナミックコントラスト比350000:1の高コントラストを実現した。

 4K 24pのほか、4K 60pのHDRコンテンツ表示に対応し、高輝度・高コントラストでの映像再現力で、豊かな階調表現と奥行き感を増したHDR映像を楽しめる。

 また、新たにレーザー光源を採用し、家庭用プロジェクターとしては最高レベルの5000ルーメンの高輝度と高コントラストの両立を実現した4Kホームシアタープロジェクター「ESシリーズ」の最上位機種「VPL-VW5000」の受注を9月24日に開始する。税別価格は800万円。

 「4K SXRD」を3枚搭載し、臨場感のある高精細な4K映像を投写できる。レーザー光源には、青色レーザーと蛍光体を組み合わせた新開発の「Z-Phosphor」を採用しており、大型スクリーンでも迫力ある映像を楽しめる。このほか、HDR映像表示に対応し、BT709を超えるUHDブルーレイ規格の色域であるITU-R BT.2020や、デジタルシネマ要求仕様の色域であるDCIといった広色域の色再現を実現する。

最終更新:9/7(水) 14:12

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。