ここから本文です

中途半端なまま打ち切り…「デビアスなメイドたち」第4シーズンで終了

シネマトゥデイ 9月7日(水)4時30分配信

 米Lifetime局がテレビドラマ「デビアスなメイドたち」を更新しなかったため、第4シーズンで打ち切りとなったとDeadlineが報じた。

 同ドラマは「デスパレートな妻たち」のマーク・チェリーによるドラマで、メインキャスト全員がラテンアメリカ系女性であることが注目されたドラマだった。

 Lifetime局は番組ラインアップを一新し、女性の権利拡大をうたうキャンペーンを展開している。若く、エッジのある番組に力を入れているため、「デビアスなメイドたち」はテーマから外れてしまったようだ。

 第4シーズンのフィナーレではアナ・オルティスが演じていたマリソルがこつぜんと姿を消しており、その意味が新シーズンで語られるはずだったが、宙ぶらりんのままシリーズは終了したことになる。(澤田理沙)

最終更新:9月7日(水)4時30分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。