ここから本文です

〔台風13号〕あす8日にかけて西日本・東日本に接近へ 広い範囲で大雨など警戒(9/7)

レスキューナウニュース 9月7日(水)1時0分配信

6日09:00、宮古島の北北西の海上で発生した台風13号は、7日00:00現在、鹿児島県奄美大島の西北西の海上を時速35kmで北東へ進んでいます。
台風は沖縄地方からは次第に遠ざかりつつありますが、これから台風が接近する九州南部・奄美地方はきょう7日朝にかけて雷を伴って非常に激しい雨が降るほか、風も強まる見込みです。また今後、台風はきょう7日は西日本の南海上を北東に進み、あす8日には東日本に接近するでしょう。台風の接近に伴い、本州付近の前線の活動も活発となるため、広い範囲で大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒してください。

■今後の見通し
<大雨>
【予想24時間雨量】(多い所)
(7日00:00~8日00:00)
・150mm 奄美地方
・100mm 鹿児島県(奄美地方を除く)

(6日18:00~7日18:00)
・250mm 近畿地方(特に奈良県南部、和歌山県南部)
・150mm 東海地方(特に三重県)、四国地方、沖縄地方
・100mm 関東甲信地方

※7日にかけての1時間降水量は、多い所で近畿地方(和歌山県)では1時間70mm、他の地域も1時間50mmの予想。
※西日本・東日本の太平洋側では、8日にかけて降水量がさらに増える見込み。

<強風>最大瞬間風速(~7日)
・35m/s 沖縄地方、奄美地方

<高波>(~7日)
・6m  沖縄地方、奄美地方

■防災事項
・警戒:低地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害、高波
・注意:強風、落雷や竜巻などの激しい突風

※発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

レスキューナウ

最終更新:9月7日(水)1時0分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。