ここから本文です

小泉元首相がトモダチ基金創設で会見(全文3完)国民運動的なやり方がいい

THE PAGE 9月7日(水)20時3分配信 (有料記事)

トモダチ作戦があまり報道されていないことなど

記者1:(英語)。次世代の安倍さんのことをどう思いますか。

小泉:原発に対してはまったく私の意見と違うけども、で、原発意見は違うんだけども、総理としてはかなり前回を反省して、よく頑張ってんじゃないかなと思いますよ。

司会:(英語)

フェニックステレビ:香港フェニックステレビ特派員の(※判別できず)と申します。今日はありがとうございました。小泉さんの著書を拝読させていただきますと、とても面白かったと思います。で、ここで2つ質問したいんですが、まず1つ目、小泉さんのトモダチ作戦っていうことは、日本の中でほとんど報道されずに注目されていません。これはなぜだと思われますか。そして今後、政府に何か協力を求めるようなお考えはあるのかどうか。これが1つ。

 そして2つ目に、3年前の9月に安倍総理がオリンピックを誘致した際に、福島はアンダーコントロールだということを国際社会でアピールをしました。アンダーコントロールということはとんでもないというふうに、ご著書の中で書いておられますが、この福島の現状についてどう思われるのか。そして汚染水の海洋への流出についても海外では大変懸念はされている話でもあります。これについては、その処理について日本はちゃんとこれからコントロールする能力はあるのかどうか、どのように対応すべきなのかということをお聞かせください。

小泉:まずトモダチ作戦が知られていないという点、これもね、私は不思議なんですよ。もっと大きく報道されていい話だと思うんですけども。想像なんですがいわゆる原子力村というか、原子力関係者、その人たちの宣伝というか働き掛けが、マスコミに対しても政府に対してもかなり大きく影響してるのかなという気がしますね。そういう点があまりメディアでは報道されない理由かなと思ってます。

 それと安倍総理のアンダーコントロールの話ね。これはうそですよ。

複数:(笑)

小泉:これはアンダーコントロールされてない。現在だってね、何キロかにわたって土を凍らせようっていう作戦。で、地下水をコントロールするってんだけど、いまだにコントロールできないでしょう。やるやる、できるできるってできない。だから、よくああいうこと言えるなって俺、不思議なんですよ。もう1つ不思議なのはね、九州の川内原発、去年、原子力規制委員長の田中さんが、九州電力の申請に対して、福島事故後の新しい基準に合格したと。申請をオーケーした。ところがそのあと、でも、私は安全とは申し上げないって言ってるんですよ。

通訳:それは去年のいつですか。

小泉:去年の、去年、10月か。

通訳:10月ですか。

小泉:うん。そのあと政府はなんて言ったか。日本の原発は世界一厳しい安全基準だと言ってんですよ。世界一厳しいっていうんだったらアメリカと比べてみろ。アメリカの原発と。すぐ分かるよ、アメリカより甘い基準だということが。

司会:(英語)

記者2:(英語)。ですから彼が言うには、あれですね。この(※判別できず)、アメリカ政府、調査委員会があったんですね。その調査委員会においては、もうそれを、あんまりにも低被曝量だから、だから、そのあれを、病気もたらすものではないと。それから日本政府はいまだに同じ立場、福島県民にはそれを、被害を認めないと。だから、ずっと言われて、有力者は、ずっとこの、影響があったということを否定し続けてる。どこ見ても。だから現にそれが、その被害を見てるわけです。だから、そういう食い違いはどのように解釈するんでしょうか。

小泉:それは私の講演の中にお話ししましたけどね。それも、専門家のお医者さんから見れば、断定できないって言ってるんですよ。放射能被害とは断定できないって言ってるんですよ。医学的に証明できるか、証明できないかの問題ではなくて、私は自分の常識で、これだけ頑健な兵士が病気になっている、この点に私は重点を置いてるんです。

 だから、それらの病に苦しんでる兵士に対してなんらかできることあればいいなと思ってやってることですから、私は常識を信じてますから。私よく変人って言われるけどね、私は常識人だと思ってるんですよ。

複数:(笑)

小泉:だってじかに聞いてね、これはあの頑健な兵士がこれだけ苦しんでね、病気になってる。医者じゃないけども、病気で苦しんでる姿には変わりないんだから。せっかく日本の救援に来てくれた方がね、これだけ病に苦しんでるのに黙ってていいかと、そうじゃないだろうと思ってやってんですから。医学的な見地と私の見地は違っても、現実に病に苦しんでる人たちに何をするか。この問題の違いですよ。

 ちょっとね、訂正したいんだけどね。私の返事をstrange personと訳しましたよ。これ私、総理のときね、外国人記者に聞いたんですよ。どうも日本語に訳すと変人、英語に訳すとねeccentricとかね、strangeになっちゃうと、こういう理由で変人と言われたのはね、イギリス人だったかな、いい言葉教えてくれましたね。小泉、あんたはstrangeでもeccentricでもないと。extra ordinaryと言われた。

複数:(笑)

通訳:Alright.

小泉:だから変人っていうのは英語はね、extra ordinaryと訳したほうがいい。

通訳:そうだ(笑)。

小泉:ブランディー 01:29:44だってextra ordinaryのほうがいいでしょう。

Weekly geo-political news and analysis:(英語)。竹中平蔵などの情報源によると、小泉さんが現役のときに日本が地震兵器で落とされたために、日本の相互持ち合い制度を終わらせて、日本の上場企業の議決権を外国ハゲタカファンドに渡したというんですけども、そうじゃなければなんで日本の上場企業の議決権を外資に渡したんですか。


※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:14,281文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9月7日(水)20時3分

THE PAGE