ここから本文です

企業主導型保育所、出足は好調 まず3887人分助成 事業所外にも

朝日新聞デジタル 9月7日(水)5時30分配信 (有料記事)

 待機児童対策の切り札として安倍政権が今年度から始めた「企業主導型保育所」の出足が好調だ。企業が主として従業員向けに整備する施設で、内閣府は6日、1次募集で38都道府県の150施設(定員3887人分)への助成を決めたと発表した。来年度末までに5万人分の整備を目指している。

 ■「地域枠」は直接申し込み
 1次募集は5月16日~6月30日に実施。311施設分の申請があり、まず書類審査を終えた施設への助成が決まった。企業や病院などが事業所内に設置するほか、子どもを連れて通勤する負担を減らそうと、従業員が多く住む住宅街や駅周辺にも整備。……本文:3,080文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月7日(水)5時30分

朝日新聞デジタル