ここから本文です

ゼイン・マリク、“不安障害”で10月予定のライブをキャンセル

cinemacafe.net 9月7日(水)11時45分配信

ゼイン・マリクが来月予定していたコンサート出演を、極度の不安障害を理由にキャンセルした。

【写真】ゼイン・マリク/フォトギャラリー

ゼインは10月7日(現地時間)にドバイの「オーティスム・ロックス・アリーナ」でライブを行う予定だったが、以前から苦しんでいる不安障害を克服することができず、公演中止を決めたという。

ゼインは、プロモーターの「117 Live」のウェブサイト上で「ファンの皆さん、僕は過去3か月間、大々的なソロ・ライブをやるにあたって抱えていた極度の不安を乗り越えようと頑張ってきました。自分では前進していると感じますが、10月にドバイで予定されたショウを行うために十分な自信を持っていないと気づきました」と声明を発表した。

チケットの払い戻しを確約したうえで、ゼインは「がっかりさせてしまって、本当に申し訳ありません。近いうちにみなさんとまた会いたいと願っています。僕をサポートしてくれる世界中のファンに感謝します。愛と尊敬を込めて、ゼイン」と結んでいる。

最終更新:9月7日(水)11時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。