ここから本文です

フェルスタッペン「みんなが僕の走り方に慣れるべきだ」

TopNews 9月7日(水)11時47分配信

2016年F1シーズンの後半戦がスタートしたベルギーGP(第13戦)では、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが自分を追い抜こうとしたキミ・ライコネン(フェラーリ)に対して危険とも見えるライン変更を行ったが、レース後に両者がお互いに相手を非難するという事態につながっていた。

そして、その1週間後に開催されたイタリアGP(第14戦)のパドックにおいてもこの件が大きな話題となっていたが、総じて18歳のフェルスタッペンは少しやり過ぎたとの意見が多かったようだ。

そんな中、日ごろから過激な物言いをすることでも知られているニキ・ラウダ(メルセデスAMG/非常勤会長)は、フェルスタッペンは自分の攻撃性を和らげるために“精神分析医”のもとへ行くほうがいいと語っていた。

母国オランダのテレビ局『Ziggo Sport Totaal(ジッホ・スポルト・トタール)』の番組に登場したフェルスタッペンは、このラウダの発言について尋ねられると笑いながら次のように答えた。

「もし僕が行くのなら、全員で一緒に行ったほうがいいよ」

そのフェルスタッペンは、ライコネンが無線で自分に対する批判を語っていた件について質問を受けると、「もし僕がキミだったら、やっぱり同じことを無線で言っていただろうね」と認めている。

だが、フェルスタッペンは、こうした批判をいくら受けようとも「サーキットでの僕がそれほど変わることはないよ。僕は自分が思ったようにやるだけさ。その中には批判的に見られることもあるだろうけど、彼らがそれに慣れるべきだと僕は思うよ」と付け加えた。

最終更新:9月7日(水)11時47分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]