ここから本文です

原口元気が考える“本田&香川世代”を超えるために必要なこととは?/ロシアW杯アジア最終予選

GOAL 9月7日(水)8時27分配信

日本代表は6日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の第2戦でタイ代表と対戦し、2−0で初勝利を挙げた。初戦のUAE戦でまさかの敗戦を喫した日本だったが、2戦目で勝ち点3の獲得に成功している。

先発出場してゴールを挙げた原口元気は試合後、取材に応じ、現チームをけん引する本田圭佑や香川真司らに言及した。

欧州のビッグクラブでプレーし、代表でも常に中心選手として活躍する2人。もっとも、代表チームの発展のためには若い世代の台頭が欠かせない。本田や香川の世代を脅かしていくことで、日本代表の競争力は上がっていく。

原口は、「彼らを超えていくには、(結果を出すなど)こういうことを続けるしかない。1試合よかったからといって追いついたというのではなく、何度も何度も活躍を繰り返して、やっと彼らに追いつけると思う。僕らはそういうことにチャレンジしていかないといけない」と、継続して結果を残していくことが大事だと話した。

さらに、「(得点したことは)自信になりますけど、次の試合は1カ月後で、相手も違う。コンディションもそれぞれ違った状態で戻ってくるので、どれだけ継続できるかだと思います」と語り、次戦へ向けた課題を口にしている。

日本代表の次なる戦いは10月。6日にホームでイラクと、11日はアウェーでオーストラリアと対戦する。

GOAL

最終更新:9月7日(水)8時27分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]