ここから本文です

浅野忠信「僕にしかできない役」…主演映画「淵に立つ」完成披露試写

スポーツ報知 9月7日(水)0時7分配信

 俳優の浅野忠信(42)が6日、都内で主演映画「淵に立つ」(深田晃司監督、10月8日公開)の完成披露試写会に出席した。

 浅野は、旧知の男の家に突然現れ、平凡な家族の生活に残酷な爪痕を残していく謎の男を熱演。これまでも殺し屋などを“はまり役”で演じており、「僕にピッタリの役。台本をいただいた時に、これは僕にしかできない役だと思った」と胸を張った。

 同作は5月のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞。浅野は現地へ向かう飛行機が欠航になり、別の便で到着時も荷物が届かないトラブルがあったが「何か起こっても、必ずいい結果が得られるステップだと信じていた。本当にうれしい」と笑顔をみせた。

 このほか、筒井真理子(53)、古舘寛治(48)、太賀(23)、深田晃司監督(36)が登壇。歌手のHARUHI(17)が主題歌「Lullaby」を披露した。

最終更新:9月7日(水)0時7分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。