ここから本文です

「ハロー」はつけないほうがいいとフェルスタッペン

TopNews 9月7日(水)12時8分配信

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が、自分はコックピット保護装置である「ハロー」は好きではないと認めた。

F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)では、当初2017年からF1カーにコックピット保護システムを導入することを目指していた。しかし、F1チームからの反対もあって少なくとも2018年までは導入が先送りされることになっている。

だが、「ハロー」と呼ばれる装置の熟成を進めるため、最近のF1レースでは金曜フリー走行1回目に複数のドライバーが同装置を装着して実走行テストを行うようになっている。

そして、フェルスタッペンも先週末にイタリアGP(第14戦)が開催されたモンツァ・サーキットで実際にこの装置を装着して走行を行うチャンスを得ていた。

だが、フェルスタッペンは母国オランダの『De Telegraaf(テレグラーフ)』紙に次のように語った。

「ハローが装着されたクルマは乗り込むのも降りるのも難しいんだ」

「それに、ミラーの視界もすごく悪くなる」

「このシステムをもっと改良するためには、まだかなり多くの時間が必要だと思うよ」

そう語ったフェルスタッペンは、どういう改善を施すのが最善だと思うかと質問されると、次のように答えている。

「多分、はずしてしまうことだろうね」

最終更新:9月7日(水)12時8分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]