ここから本文です

東尋坊、「ポケモンGO」が自殺を防ぐ? ファン大喜び「次は富士の樹海だ」

J-CASTニュース 9月7日(水)18時1分配信

 福井県坂井市の「東尋坊」といえば観光名所である一方、自殺者の多い場所として知られているが、スマホアプリ「ポケモンGO」の大ヒットが自殺の抑止に役立っているという指摘がテレビで放送され、話題になっている。

 「東尋坊」がレアポケモンが出現するスポットになっていて、昼夜問わずにプレイヤーが集まってきて、彼らが自殺防止のパトロール的な存在になり、深夜の岩場で思い悩む人の姿を見かけなくなったのだというのだ。本当なのか。

■レアポケモンが続々ゲットできる名所に

 このニュースを伝えたのはフジテレビ系朝の番組「めざましテレビ」(2016年9月7日放送)。昼に夜にポケモンをゲットするために集まって来る沢山のポケモンプレイヤーの姿を映し、彼らの出現である変化が起こっていると紹介した。それは、自殺の抑止につながっているというのだ。

 自殺のない社会づくりを目指し、「東尋坊」でもパトロールをしているNPO法人「心に響く文集・編集局」の茂幸雄理事長が出演し、ポケモンプレイヤーの存在は、自殺をしようとしている人を見つけるための巡回の役割を担っている、とし、

  「ポケモンプレイヤーの姿を見て、考える時間があって、自殺はダメだと思い直す機会になるのではないかと思う。深夜に岩場で思い悩む姿を見かけなくなった」

と語っている。

 「ポケモンGO」といえば、プレイ中の交通事故や無断侵入といった悪い話題ばかりだったが、やっといいニュースが報じられたとしファン達は大喜びし、

  「良い効果だ、続け!! 」
  「こういう発想は素晴らしい」
  「よし、次は富士の樹海だ」

などといったことが掲示板に書き込まれた。

 なぜ「東尋坊」にプレイヤーが集まっているのか。「ポケモンGO」が日本でリリースされた16年7月22日から数日して「東尋坊」に行けばレアなポケモンがゲットできるとツイッターで話題になったのだ。

  「会えたら超ラッキー:プテラ、カイリュウー、エビワラー。以上1週間分の東尋坊で確認済みのポケモンです」
  「東尋坊ポケモンの楽園やないか!」
  「ロコン捕まえた。東尋坊にみんな集まるわけや」

などとツイッターでは盛んに情報交換が行われ、続々とプレイヤーが集まるようになっていった。7月下旬には足元を見ずに歩き、岩場でつまずく若者もいるため岩場には近づかないように、と先の茂理事長らは別の注意を呼びかけていたが、結果として、自殺の減少という思いもよらぬ効果が生まれたということなのだろうか。

1/2ページ

最終更新:9月7日(水)18時41分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。