ここから本文です

4年後大丈夫? 五輪総括でゴルフが迷走

東スポWeb 9月7日(水)10時2分配信

【スポーツ情報局】

 デスク:各競技団体がリオ五輪の総括を始めているけど、112年ぶりに五輪競技に復活したゴルフはどうなってる?

 ゴルフ担当記者:5日に都内で日本プロゴルフ協会の理事会に出席した倉本昌弘会長(60)によると、ミーティングを行う計画はあるようです。

 デスク:倉本会長は強化委員長だろ。なんだか人ごとみたいだな。

 記者:日本ゴルフ協会(JGA)から任期は聞いていないそうで、本人も「今も強化委員長なのか分からない」と…。

 デスク:それでも、今回の反省とか、何か意見はあるんだろ。

 記者:強化については思うところがあるようです。今回男子代表の片山晋呉(43=イーグルポイントGC)、池田勇太(30=日清食品)について「日本で見ているだけでは海外でプレーしたとき、どんな弱点があるのか分からなかった」と話していました。

 デスク:池田は21位、片山は54位に終わったけれど、その場でアドバイスはできなかったのか?

 記者:マネジメントや技術面を本番で教えるのは難しいみたいですね。ただ、東京五輪までは4年ありますから。

 デスク:教えた選手が代表になるとは限らないだろ。世界ランクで自動的に決まるんだから。

 記者:海外進出を支援することで、特定の選手の世界ランクを上げる考えのようです。米ツアーや欧州ツアーなら日本より多くのポイントを稼げますからね。

 デスク:それは海外で結果が出たらの話だろ。上位に行けなければ、逆に下がるし。

 記者:石川遼(24=CASIO)でも米ツアーに行ってから世界ランクを落としていることを考えると、かなり厳しいのは確かですね…。

 デスク:4年後も大丈夫なのか?

最終更新:9月7日(水)10時27分

東スポWeb