ここから本文です

ジャニー社長 4年ぶり新作舞台は史上最多の57人主演

デイリースポーツ 9月7日(水)5時59分配信

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)が、4年ぶりの最新作として史上最多の主演57人による舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」(12月3日~2017年1月24日、東京・帝国劇場)を手がけることが6日、分かった。この日、都内で行われた製作発表には、Kis-My-Ft2の玉森裕太(26)やSexy Zoneの佐藤勝利(19)らジャニーズタレントが集結。宇宙を舞台にした3部作となる。

 佐藤は「エンターテインメント界のオリンピック級のショーを作っていきたい」と意気込んだ。

 「最も多くのエンターテインメント・ショーをプロデュースした人物」など3つのギネス世界記録を持つジャニー氏の、「ジャニーズ・ワールド」以来4年ぶりの新作。玉森、佐藤、A.B.C-Zの戸塚祥太(29)、塚田僚一(29)、俳優の内博貴(29)とジャニーズJr.が夢共演し、仕事の都合で欠席したキスマイの藤ヶ谷太輔(29)も出演する。

 作品は「舞台と客席がひとつになった時、宇宙からの手紙が届く」をキャッチコピーに、芝居、歌、アクロバットとタレントの特技を生かしたパフォーマンスを展開。時間がテーマで1部は過去、3部は未来を描く。

 会見ではジャニー氏から「宇宙から愛すべき地球の皆さまへ。ステージにいるアーティストには第1、3部しか知らせていません。第2部のショーも準備しています。アーティストたちもご期待ください」と“挑戦状”が届いた。代読した佐藤は「ジャニーさんって宇宙人だったんですかね」と笑わせ、玉森は「何も知らない。想像以上のものが起きるのでは。気持ち?ワクワクですかね」と第2部を楽しみにした。

 舞台では全員が主役の中の主役を目指す。ライバルを問われた佐藤は「ジャニーさん。むちゃぶりもある。挑戦に応えたい」ときっぱり。最年少グループでローラースケートが得意なHiHi Jetの猪狩蒼弥(13)は「キスマイさんのローラーに負けない」と宣戦布告した。

 なお、玉森と藤ヶ谷は12月、戸塚と塚田は1月に出演する。

最終更新:9月7日(水)8時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。