ここから本文です

<長谷川博己>文豪・漱石役に「ものすごいプレッシャー」

まんたんウェブ 9/7(水) 15:32配信

 俳優の長谷川博己さんが7日、東京都内で行われたNHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」の会見に登場。夏目金之助(漱石)役で出演する長谷川さんは、文豪を演じることについて「誰もが知っている国民的作家と言っても過言ではない夏目漱石という役をやらせていただけることで、ものすごいプレッシャーでした」と撮影を振り返った。

【写真特集】長谷川博己、尾野真千子、黒島結菜らキャストが登場 会見の様子

 「夏目漱石の妻」は、激動の明治を駆け抜けて成長していく夏目漱石夫妻の姿を、妻の鏡子の視点でユーモアを交えて描くホームドラマ。長谷川さんが夏目金之助(漱石)、尾野真千子さんが妻・夏目鏡子、黒島結菜さんが山田房子、舘ひろしさんが鏡子の父親・中根重一を演じる。

 会見には、長谷川さん、尾野さん、黒島さん、舘さんらが出席。身長182センチの長谷川さんは、脚本の池端俊策さんと会った際に漱石は背が低いのがコンプレックスだったという話をされ、「目の前で会うと(長谷川さんは)こんなに大きいんだね」と言われて「配役が代わるんじゃないかと心配になった」と冗談めかして語り笑いを誘った。

 尾野さんは、作中の夫婦像について聞かれると「愛ですね」と即答。「鏡子という人は、自分の旦那様を愛していたんだな、それが台本から伝わってきた」と話し、「ドラマの中だけど、長谷川さんを通して夏目漱石という人を愛せた気がする」と笑顔で振り返った。

 舘ひろしさんは、長谷川さんの漱石役について「夏目漱石にしか最初から見えなくて」と絶賛。尾野さんの鏡子役についても「父親が娘に金の無心をしにいく、断らなきゃいけないのですごく難しいシーンだけど、見事にそれを表現されていて、勉強させていただいた」と称賛した。

24日から毎週土曜午後9時放送。連続4回。

最終更新:9/7(水) 16:27

まんたんウェブ