ここから本文です

【ベトナム】ベトジェット、エアバスに20機追加発注

NNA 9月7日(水)8時30分配信

 
 ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は6日、欧州の航空機製造大手エアバスに中型旅客機「A321」20機を発注した。契約額は23億9,000万米ドル(約2,466億円)規模。
 ベトジェットは昨年11月にもA321を 30機発注している。追加発注の20機は、2017~20年にかけて引き渡しされる。
 今回の契約は、フランスのオランド大統領来越に合わせてエアバスのファブリス・ブレジエ最高経営責任者(CEO)とベトジェットのグエン・ティ・フオン・タオ社長兼CEOとの間で取り交わされた。
 ベトジェットは、5月にも米ボーイングに次世代型航空機「737MAX200s」100機を113億米ドルで発注しており、急成長する国内航空需要を背景にどん欲にフリートを増強している。
 
 ■ジェットスターも10機購入
 
 また同じくベトナムのLCCジェットスター・パシフィック航空(JPA)も、エアバスの中型旅客機「A320」を10機発注した。

最終更新:9月7日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。