ここから本文です

〔地震〕茨城県南部でM4.9 関東地方広域で震度4、津波の心配なし(9/7)

レスキューナウニュース 9月7日(水)13時33分配信

気象庁によると、7日13:28頃、茨城県南部を震源とするM4.9の地震があり、茨城県水戸市・笠間市・石岡市・境町・坂東市・筑西市、栃木県小山市・真岡市、埼玉県春日部市、千葉県野田市で震度4の揺れを観測しました。
この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
発生日時 :9月7日13:28頃
震源地  :茨城県南部(北緯36.2度、東経140.1度)
震源の深さ:約50km
地震の規模:M4.9(推定)

■震度3以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度4】
<茨城県>
水戸市内原町*、笠間市中央*、石岡市柿岡、石岡市八郷*、境町旭町*、坂東市馬立*、坂東市山*、筑西市舟生、筑西市海老ヶ島*
<栃木県>
小山市神鳥谷*、真岡市石島*
<埼玉県>
春日部市粕壁*
<千葉県>
野田市鶴奉*

【震度3】
<茨城県>
水戸市金町、水戸市千波町*、日立市役所*、日立市十王町友部*、常陸太田市町屋町、常陸太田市金井町*、常陸太田市高柿町*、笠間市石井*、笠間市下郷*、笠間市笠間*、茨城町小堤*、東海村東海*、常陸大宮市北町*、常陸大宮市山方*、常陸大宮市上小瀬*、常陸大宮市野口*、城里町徳蔵*、城里町石塚*、城里町阿波山*、小美玉市小川*、小美玉市堅倉*、小美玉市上玉里*、土浦市常名、土浦市藤沢*、土浦市田中*、茨城古河市仁連*、石岡市若宮*、結城市結城*、下妻市本城町*、下妻市鬼怒*、取手市寺田*、取手市井野*、牛久市城中町*、つくば市天王台*、つくば市研究学園*、つくば市小茎*、茨城鹿嶋市鉢形、茨城鹿嶋市宮中*、潮来市辻*、美浦村受領*、八千代町菅谷*、五霞町小福田*、守谷市大柏*、坂東市岩井、稲敷市江戸崎甲*、稲敷市柴崎*、稲敷市結佐*、筑西市下中山*、筑西市門井*、かすみがうら市上土田*、かすみがうら市大和田*、行方市玉造*、行方市麻生*、桜川市岩瀬*、桜川市真壁*、桜川市羽田*、鉾田市鉾田、鉾田市造谷*、常総市新石下*、常総市水海道諏訪町*、つくばみらい市福田*、つくばみらい市加藤*

<栃木県>
宇都宮市明保野町、宇都宮市中里町*、栃木市旭町、栃木市大平町富田*、栃木市藤岡町藤岡*、栃木市西方町本城*、栃木市万町*、栃木市岩舟町静*、佐野市葛生東*、鹿沼市晃望台*、鹿沼市今宮町*、小山市中央町*、真岡市田町*、真岡市荒町*、益子町益子、茂木町茂木*、野木町丸林*、高根沢町石末*、下野市石橋*、下野市笹原*

<埼玉県>
熊谷市大里*、熊谷市江南*、加須市三俣*、加須市大利根*、東松山市松葉町*、羽生市東*、鴻巣市中央*、鴻巣市吹上富士見*、久喜市下早見、久喜市青葉*、久喜市菖蒲*、久喜市栗橋*、久喜市鷲宮*、吉見町下細谷*、川越市新宿町*、川口市中青木分室*、春日部市金崎*、春日部市谷原新田*、草加市高砂*、戸田市上戸田*、志木市中宗岡*、和光市広沢*、桶川市上日出谷*、北本市本町*、八潮市中央*、三郷市幸房*、幸手市東*、吉川市吉川*、宮代町笠原*、杉戸町清地*、さいたま西区指扇*、さいたま北区宮原*、さいたま大宮区天沼町*、さいたま見沼区堀崎*、さいたま中央区下落合*、さいたま南区別所*、さいたま岩槻区本丸*、白岡市千駄野*

<千葉県>
神崎町神崎本宿*、芝山町小池*、香取市佐原諏訪台*、香取市役所*、香取市羽根川*、香取市仁良*、山武市埴谷*、千葉中央区都町*、千葉花見川区花島町*、千葉稲毛区園生町*、松戸市西馬橋*、野田市東宝珠花*、成田市花崎町、成田国際空港、成田市中台*、千葉佐倉市海隣寺町*、柏市旭町、柏市柏*、柏市大島田*、八千代市大和田新田*、我孫子市我孫子*、鎌ケ谷市新鎌ケ谷*、浦安市日の出、四街道市鹿渡*、印西市大森*、印西市笠神*、印西市美瀬*、白井市復*、栄町安食台*

<福島県>
白河市表郷*

<群馬県>
板倉町板倉、群馬明和町新里*、邑楽町中野*

<東京都>
東京新宿区上落合*、東京墨田区東向島*、東京江東区森下*、東京渋谷区本町*、東京中野区中野*、東京中野区江古田*、東京杉並区桃井*、東京杉並区高井戸*、東京北区西ヶ原*、東京板橋区高島平*、東京板橋区相生町*、東京練馬区豊玉北*、東京足立区伊興*、東京足立区神明南*、東京江戸川区中央、調布市西つつじヶ丘*

<神奈川県>
横浜神奈川区神大寺*、横浜港北区日吉本町*、川崎宮前区宮前平*

レスキューナウ

最終更新:9月7日(水)13時35分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。