ここから本文です

「トランスフォーマー5」にスタンリー・トゥッチが続投

映画.com 9月7日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 俳優スタンリー・トゥッチが、「トランスフォーマー」シリーズ最新第5弾「トランスフォーマー ザ・ラスト・ナイト(原題)」に続投することがわかった。

 米バラエティによれば、トゥッチは前作「トランスフォーマー ロストエイジ」で演じた反トランスフォーマー組織であるロボット工学企業、KSIの経営者ジョシュア・ジョイス役を再び演じる。

 「プラダを着た悪魔」「ラブリーボーン」「ハンガー・ゲーム」シリーズ、「スポットライト 世紀のスクープ」などに出演してきたトゥッチは、このほど仏ドービル映画祭で功労章を受賞。軍による厳戒態勢のもと行われた授賞式では、「フランスもアメリカも、そして世界中が緊迫した状況のなかで私たちは生きています。映画とはこういう時に私たちを団結させ、人生に希望を与えてくれるものです」とスピーチした。

 「トランスフォーマー ザ・ラスト・ナイト」は、シリーズ全作のメガホンをとっているマイケル・ベイ監督と前作の主演俳優マーク・ウォールバーグが再タッグ。また、シリーズ第1~3作で米陸軍大尉ウィリアム・レノックス役を演じたジョシュ・デュアメルが復帰するほか、アンソニー・ホプキンスが新たに参戦することが決定している。すでに撮影はスタートしており、2017年6月23日全米公開の予定だ。

最終更新:9月7日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。