ここから本文です

ディズニー『ズートピア』がV2!『テラフォーマーズ』が後に続く【週間レンタルランキング】

シネマトゥデイ 9月7日(水)11時0分配信

 9月5日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは『ズートピア』が2週連続で首位を獲得した。ゴールデンウィークに公開されて大ヒットした本作。レンタルでも劇場同様、人気を集めている。

【動画】心に響く歌声!『ズートピア』主題歌PV

 2位は初登場の『テラフォーマーズ』。累計発行部数1,600万部を超える人気SFアクションマンガを主演・伊藤英明、監督・三池崇史のコンビで実写映画化。21世紀、人口増加が加速した人類は火星移住を計画し、コケとゴキブリを送り気温を上げて地球化を試みる。それから500年後、日本政府は他国に先駆けて15人の隊員を送り込み、ゴキブリの駆除に当たらせる。だがゴキブリは二足歩行の人型に進化したテラフォーマーに姿を変えていた……。

 3位は先週からワンランクダウンの『レヴェナント:蘇えりし者』。撮影監督は本作で3年連続アカデミー賞に輝いたエマニュエル・ルベツキ。屋外の自然光のみで撮影するため、毎日8~9時間を確認などに費やし、1時間~1時間半のみで撮影。9か月間にわたり撮り続けた大自然は荘厳さにあふれている。主演のレオナルド・ディカプリオは氷点下の中を体を張って撮影に挑んだ。ひげは凍り、吐く息は白く、凍えるような寒さや、瀕死の重傷を負った痛みが観客にひしひしと伝わってくる。セリフは少ないながら、その鬼気迫る演技が高く評価され、悲願のオスカー初受賞となった。

 10位に初登場の『ヒットマン:エージェント47』は、遺伝子操作で生み出された暗殺者エージェント47(ルパート・フレンド)の戦いを描くアクションサスペンス。カティア(ハンナ・ウェア)という女性を見つける任務を与えられたエージェント47だったが、別の組織も彼女を追うことに……。11位以下に初登場が2作品。11位『ボーダーライン』は、アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争を描くクライムアクション、12位『ヘイトフル・エイト』はクエンティン・タランティーノ監督作、クセもの8人が繰り広げるウエスタン仕立ての密室ミステリー。来週のトップ10入りに期待したい。

1/2ページ

最終更新:9月7日(水)11時0分

シネマトゥデイ