ここから本文です

白鵬 いまだ四股踏めず「手押し相撲」でウサ晴らし

東スポWeb 9月7日(水)11時19分配信

 大相撲秋場所(11日初日、東京・両国国技館)の出場が危ぶまれている横綱白鵬(31)が6日、東京・墨田区の宮城野部屋で調整。太ももを上げる動作やテッポウなど軽めの運動で汗を流した。夏巡業で悪化させた右足親指と左ヒザの影響で、いまだに四股さえ踏めない状態が続いている。全体の稽古終了後には若い衆を目の前に立たせたが…やがて始まったのは、相撲ではなく「手押し相撲」。

 土俵に立てないウップンを晴らすかのように約30分にわたって“勝負”に熱中した。稽古後の白鵬は「何とも言えない。(もも上げは)全体重ではなく壁に手をついて支えながらね。手押し相撲? ほか(患部以外)は元気だからウズウズしてさ」ともどかしげ。出場の可否については「会議(9日の取組編成会議)があるから、それまでに」と改めて8日に決める考えを示した。

 全休となれば大関時代の2006年九州場所以来10年ぶり。07年から9年間続いている年間最多勝(現在51勝)にも黄信号が点灯する。大関稀勢の里(30=田子ノ浦)が綱取りに挑むなか、最強横綱の不在が次第に現実味を帯びてきた。

最終更新:9月7日(水)11時29分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]