ここから本文です

浮き彫りになった「日本代表限界説」。博打的選手起用で未来は見えたのか?

GOAL 9月7日(水)11時53分配信

今の日本代表を一体、どう評価すればいいのか――。

ホームの初戦でUAEに苦杯。W杯の最終予選で日本がホーム戦を落とすのは、1997年の韓国戦以来、実に19年ぶりのことである(山口素弘がループシュートを決めながら逆転負けをした試合と言えば、オールドファンは思い出せるかもしれない)。不運な判定があったとはいえ、あの浅野拓磨のゴールが入っていたとしても、引き分けが妥当な試合展開だった。「大失態」と言うほかない。

一方で、「現状の日本代表の力があのくらいなのではないか」という見方もある。主力の高齢化も進み、成長の止まった選手やコンディションがベストではなくなっているように見える選手も少なくない。しかしそういった選手を凌駕する若手が新たに台頭していない。あのUAE戦は「失態」ではなく、「日本サッカーの限界」だったのではないかという意見であり、実際にそんなことを言った関係者もいた。次代を担うと目されるMF大島僚太が思うようなプレーを見せられなかったこともそんな見方を後押ししたのだろう。

30歳になったFW本田圭佑は得難い能力の高さも見せていたが、彼のマックスでのパフォーマンスに及ばなくなっているのは否めない。10番を背負うMF香川真司についてはより深刻で、“らしさ”を見せたプレーは数えるほど。焦りがミスを生む負のサイクルに入っていたのか、ほとんど機能していなかった。昨季プレミアリーグ優勝という快挙を為し遂げたFW岡崎慎司もまた、新シーズンを迎えて難しい流れの中にいる。

「突破確率0%」などと煽られる中で迎えた6日のタイ戦は、そうした「日本サッカー限界説」と対峙する試合だった。最終予選で最弱と観られる相手に敗れるようなら、監督解任という形でのチームの終わりも見えてくる。その中で指揮官が先発メンバーの選考でどんな決断を下すのかは明確なポイントで、浅野拓磨と原口元気というチョイスは少し意外でもあった。

ベテラン選手にとっての正念場は、代表での地位を得んとする選手にとっては千載一遇の好機でもある。UAE戦での大島に続いて経験の浅い選手を起用する形になったが、浅野も原口も期待に応えた。どちらも攻→守の切り替えがしっかりしており、ボールを持ちたがるタイへのプレッシングの急先鋒として機能。タイのシュート数がずっと0本で推移していたのは彼らが守備に強度をもたらしたからこそだった。

特に原口は傑出していた。強烈なドリブルの破壊力は急に身に付いたものではないが、ユニフォームを汚すことをいとわない姿勢と攻守の切り替えスピードは別次元の域にまで成長を遂げていた。ダイビングヘッドで決めた先制点を含めて、レギュラー定着への一歩を踏み出したと言ってしまっても、決して過言ではないだろう。

最初の一歩でいきなり滑落してしまった日本にとって、ロシアへの道はなお険しい。次はホームのイラク戦からアウェイのオーストラリア戦という流れで、後者が容易に勝てる試合でないことを思うと、前者での勝ち点3が再び「マスト」になってくる。日本代表が依然として難局にあり、チーム状態が芳しいものでないことは指摘するまでもない。タイ戦でも“おなじみ”の決定力不足に加えて、終盤は守備陣がミスを連発して無用の混乱を招くなど猛省すべき要素が盛りだくさんだった。

ただ、こうしたタフな状況が、チームと選手を育てていくことがしばしばあるのもサッカーだ。うまくいっていない、「限界」を感じさせるときに代表監督はフリーハンドを得るものでもある。今回浅野先発に踏み切った1トップはもちろん、香川や本田の使い方にメスを入れたとしても、そう多くの異論は出ないだろう(負けても叩かれないという意味ではないが)。

実績のない選手を使って「限界突破」を図るのは博打には違いない。とはいえ、このままのチームでW杯に行ったところで、どのみち勝算はあるまい。そういう意味での「限界」は確かに見えている。いつかどこかで打たねばならぬ一手なら、ここからさらに打っていくという考えもある。

文=川端暁彦

GOAL

最終更新:9月7日(水)11時53分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。