ここから本文です

【オーストラリア】豪首相、仏に潜水艦情報漏えい防止を要求

NNA 9月7日(水)8時30分配信

 オーストラリアのターンブル首相が、20カ国・地域(G20)首脳会合で訪問した中国の浙江省杭州市でフランスのオランド大統領と会談し、フランス政府系造船会社DCNSがインドに納入した潜水艦の機密情報が漏えいした問題について、オーストラリアとの潜水艦共同開発での再発防止を要求したことが分かった。オランド大統領は情報管理を強化することを確約したという。6日付地元各紙が報じた。
 ターンブル首相は、DCNSから漏えいした潜水艦は、オーストラリアが採用する潜水艦とは形式が違うと強調。ただ、オーストラリアの潜水艦プロジェクトでも起きる可能性があることから、フランス側に懸念を示した。
 一方、オーストラリアのパイン国防産業相は、情報漏えいの防止に努めるものの、DCNSから漏れた機密情報はオーストラリアには関係ないとし、事態の沈静化に努めている。
 ターンブル首相はまた、中国でドイツのメルケル首相とも会談し、ドイツの造船企業ティッセンクルップ・マリン・システムズではなくフランスを選んだ背景を説明し、理解を求めた。

最終更新:9月7日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。