ここから本文です

工事差し止め提訴へ 着陸帯建設 高江住民「人格権を侵害」

琉球新報 9/7(水) 5:03配信

 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、東村高江などの周辺住民が国を相手に工事の差し止めを求める訴訟を那覇地裁に提起する方針であることが6日、分かった。早ければ今月中旬にも提訴する。差し止めを求める仮処分も併せて申請する。


 住民側弁護団によると、建設によりオスプレイなどの訓練が激化することで騒音被害が発生し、日常生活に支障が生じるという「人格権」侵害を主張する。米軍機墜落への不安や、建設の必要性などについても主張する方針だという。

琉球新報社

最終更新:9/7(水) 9:51

琉球新報