ここから本文です

(教えて!2025年問題:1)都心の「介護難民」深刻に

朝日新聞デジタル 9月7日(水)11時30分配信 (有料記事)

 2025年には「団塊の世代」が全員75歳を超えて、国民の5人に1人に達しそうです。医療や介護の必要性も急増し、財政がもたずに現行の社会保障制度が行き詰まる恐れがあります。「2025年問題」と呼ばれる課題について、8回のシリーズでお伝えします。

 東京都町田市で今年2月に開設されたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「清風ヒルズ金井」。オートロックの玄関を入ると、案内役のコンシェルジュが出迎え、ゆったりしたラウンジが広がる。バリアフリーで24時間対応の看護や介護の拠点も備え、都のモデル事業に認定された。
 ここに住む池上秀子さん(88)は「職員が家族のように接してくれる。……本文:3,228文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月7日(水)11時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。