ここから本文です

BOBBY(iKON)、これぞ優勝者のラップ! 強烈なソロデビュー

WoW!Korea 9月7日(水)10時29分配信

韓国アイドルグループ「iKON」のメンバーBOBBYが実力派ミュージシャン、優勝者らしいラップを披露した。「iKON」を脱ぎ捨てラッパーBOBBYとしての独り立ちだ。結果は成功的だ。

iKONのプロフィールと写真

 7日0時に公開されたBOBBY(iKON)のソロ曲「HOLUP! 」は強烈なラップとカリスマあふれる雰囲気が調和を成したBOBBYらしい曲だ。「iKON」のBOBBYを考えれば新しいながらも、「SHOW ME THE MONEY 3」優勝者BOBBYを考えればまた完ぺきな調和だ。完全に音楽に酔ったBOBBYの姿は大変魅力的だ。

 「HOLUP! 」はタイトルのようにウィットにとんだ曲。「HOLUP! 」は酒に酔った状態をいう言葉だ。BOBBYが直接作詞・作曲に参加した曲で、作曲にはSOL(BIGBANG)の「RINGA LINGA」を手掛けたBig Shotも援護射撃した。

 この酒に酔った状態よりも音楽と雰囲気に“どっぷりハマった”という意味で解釈される。それだけ情熱的かつ強烈なラップがあふれた。一気に耳を引きつけるBOBBYのラップは今回のソロデビューの意味を加えた。それこそ誰よりも強烈なソロデビューだ。音楽ほどに中毒的なBOBBYの魅力にもたっぷりと酔わせた。

 BOBBYは2014年にMnet「SHOW ME THE MONEY 3」に出演し優勝を手にし、ラッパーとしての実力と魅力を認められた。どっしりとしたラップが与える濃い感性の重量がBOBBYだけのカラーを作るのに十分だった。

 今回のソロデビュー曲を通じて再び優勝者の“ラップらしいラップ”で強烈な印象を残したBOBBY。ソロ曲に続き来る9日に発表するソン・ミンホ(WINNER)とのユニット曲はまたどんな感じでBOBBYの魅力を満たしたのか、期待を集めている。

最終更新:9月7日(水)10時29分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。