ここから本文です

ロン・ハワード、イドリス・エルバの“新ボンド”に一票

cinemacafe.net 9月7日(水)17時15分配信

ロン・ハワードがイドリス・エルバを次期ジェームズ・ボンドに推薦した。

スティーヴン・キングの小説「ダーク・タワー」の映画版をニコライ・アーセル監督、イドリス主演で製作しているハワードは、『007』シリーズの新ボンドとしてイドリスが適役だと考えているようだ。「Radio Times」誌でのインタビューでハワードは「彼はとてつもない存在感があるし、とてもクールだからね。ボンド役の彼を是非みてみたいね」とコメントした。

【写真】イドリス・エルバ/フォトギャラリー

2015年作『007 スペクター』までボンド役を演じていたダニエル・クレイグの降板が大きく予想される中、同作プロデューサーであるバーバラ・ブロッコリは1億5,000万ドル(約155億円)の大金を用意してダニエルに続投をオファーしたとも言われている。

2012年発表の『007 スカイフォール』以来監督を務めてきたサム・メンデスの降板は決定している一方でボンド役については今後の予定が決定しておらず、MGMの上層部はダニエルが降板した場合のために検討している後任の候補者にイドリスも含まれている。そのほかには「風の勇士 ポルダーク」のエイダン・ターナー、『ワイルド・スピード EURO MISSION』のルーク・エヴァンズ、『マイティ・ソー』のトム・ヒドルストン、『X-MEN』シリーズのマイケル・ファスベンダー、そして「サン・オブ・アナーキー」のチャーリー・ハナムが挙げられている。

しかしイドリス本人は以前、自身がボンドを演じるには歳を取り過ぎているとしてその可能性を否定する発言をしていた。

(C) BANG Media International

最終更新:9月7日(水)17時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。