ここから本文です

5年前のSMAP特別番組が急浮上 NHK視聴者「再放送希望」トップに

J-CASTニュース 9月7日(水)20時29分配信

 SMAPの解散発表以降、多くのファンらが再放送を熱望しているテレビ番組がある。NHKで2011年に放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル」だ。

 デビュー20年のタイミングで行われたグループ初の長期密着ドキュメントは、当時大きな反響を呼んだ。「今こそ真摯に仕事と向き合う彼らの姿を多くの人に見てほしい」「本当の彼らを知ってもらいたい」――。ファンらはこんなメッセージを添えてNHKに再放送を求めている。

■1日で1500件以上投稿された日も

 番組は2011年10月10日に放送された。中国・北京で開催した初の海外公演や、震災被災地で行ったイベントの舞台裏を紹介する内容で、メンバーそれぞれが20年の「心の軌跡」を振り返る貴重なインタビューシーンもあった。番組は反響を呼び、約2か月後(12月24日)には未公開映像やロングインタビュー映像などを加えた「完全版」がBSプレミアムで放送された。

 そんな両番組の名前が頻繁にツイートされるようになったのは、放送から約5年後――SMAPの分裂・解散騒動が起きた2016年1月以降のこと。ファンらは「SMAPの真摯な姿を多くの人に知ってもらいたい」との思いから、NHKが設置している再放送要望用のハッシュタグ「#NHK_rerun」を付けてツイートを投稿し始めたのだ。

 その動きは8月14日の解散発表後に急拡大した。J-CASTニュース編集部がYahoo!リアルタイム検索で調べたところ、再放送希望ツイートは8月下旬から増え始め、9月5日には1500件以上が投稿された。多くの投稿には

  「エンターテイナーとしての努力を是非多くの皆様に知って頂きたいです」
  「今こそ真摯に仕事と向き合う彼らの姿を多くの人に見てほしい」
  「本当の彼らを知ってもらいたい」
  「今放送する意味、とてもあると思います」

といった熱いメッセージが添えられている。

1/2ページ

最終更新:9月7日(水)20時29分

J-CASTニュース