ここから本文です

よしもと祇園花月で「京都国際映画祭2016」プログラム発表会見を開催 オープニングセレモニーは、世界遺産・元離宮二条城で実施

リアルライブ 9月7日(水)20時0分配信

 9月6日(火)、よしもと祇園花月で「京都国際映画祭2016プログラム発表会見」が行なわれた。司会は、ブラックマヨネーズとKBS京都の遠藤奈美アナウンサーが務めた。

 2014年、「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎ、京都ならではの伝統文化を伝承しつつ、新たな映画文化の創造を図るべく、映画祭として新たな歴史の幕をあけた「京都国際映画祭」。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマとした、他に類を見ない映画祭となっている。今年は10月13日(木)~16日(日)に開催。キャッチコピーは「京都上ル上(あがるあが)ル(る)」に決定した。

 最後には、文化観光都市・京都と本映画祭を結ぶ架け橋として、京都出身である清水圭と、今くるよが登壇。第1回目からたずさわっている清水圭は、「僕は映画が大好きです。祇園花月は、昔は祇園会館という名前で、学生時代によく映画を観に来ていました。まさかここがよしもと祇園花月になると思いませんでしたが、京都という伝統のあるところで3年目を迎えます。京都だと、3年目といえば、1秒とか2秒とか。まだそれぐらいの歴史しかない映画祭です。でも、活動写真などなかなか観る機会がない映画も上映します。活動写真の時はご年配の方が多いんですが、ぜひ若い方々に昔の歴史ある活動写真を観ていただきたいと思います」と語った。

 今くるよは「架け橋ガールの今くるよです」とPR。そして、「京都はええよ~。今日もええなと思ったのが、歩いてましたら『いや~、おかえり!』と言ってくれはってん。『京都国際映画やろ?』とも言ってくれはって、お馴染みになってますよ。これは『どやさ!』です!」と喜んで語り、「どうか皆さん、『どやさ、どやさ』といいながらぜひ参加してください」と締めくくった。

 「京都国際映画祭2016」の詳細は、ホームページにて随時更新していく。

最終更新:9月7日(水)20時0分

リアルライブ