ここから本文です

【ニエル賞】マカヒキ 追い切り前日も冷静

デイリースポーツ 9月7日(水)6時1分配信

 「ニエル賞・仏G2」(11日、シャンティイ)

 ニエル賞に出走するマカヒキが、追い切りを翌日に控えた6日、シャンティイ調教場のリヨン坂路でキャンターを行った。

 現地で陣頭指揮を執るべく駆けつけた友道師は、久々に再会した愛馬に「すごく落ち着いていて、雰囲気や体つきも栗東にいる時と変わったところは見受けられません。調教の動きにも満足しています」とコメント。最終追いはエーグル調教場で、ルメールが騎乗して行われる。

最終更新:9月7日(水)8時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。