ここから本文です

【ドイツ】米商用車ナビスターに出資 VW、北米市場への足掛かりに

NNA 9月7日(水)9時0分配信

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は6日、商用車部門VWトラック&バスが、米商用車大手ナビスター・インターナショナルの株式16.6%を取得し、戦略的提携を結んだと発表した。北米市場への足掛かりを得る狙い。
 
 取引額は約2億5,600万ドル。ナビスター株1株当たり15.76ドルで、これは2日終値に12%のプレミアムを上乗せした水準だ。取引は当局の承認を経て、今年末か来年初めの完了を予定している。実現した場合、VWはナビスターに取締役を2名送り込む権利を得る。また、パワートレインなどの技術開発と供給で提携するほか、調達の合弁会社を設立する。
 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ナビスターは今回の取引により、向こう5年以内に年間2億ドルのコスト削減が期待できるとしている。
 VWトラック&バスは、MANとスカニア(スウェーデン)を傘下に持つ。ナビスターへの出資を機に、北米の主要市場で本格展開する方針だ。なお、MANは2005年からナビスターに部品およびエンジンを供給している。[M&A]

最終更新:9月7日(水)9時0分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。