ここから本文です

イラン、6月時点よりも増産凍結案に「近づいている」=アーガス

ロイター 9月7日(水)8時5分配信

[ロンドン 6日 ロイター] - エネルギー市場情報を提供する英アーガス・メディアは、イラン国営石油(NIOC)の国際部門責任者の話として、イランが6月の石油輸出国機構(OPEC)総会時点よりも原油増産凍結の考えに「近づいている」と伝えた。

イランのザンギャネ石油相は6日、1バレル=50─60ドルの原油価格と相場安定につながる方策を支持する考えを示した。

ザンギャネ石油相はOPECのバーキンド事務局長とテヘランで会談。この後、国営テレビで「イランは相場の安定化を求める。したがって、原油相場の安定化につながる方策はいかなるものでも支持する」と言明した。さらに「50─60ドルの原油価格を支持する」と述べた。

最終更新:9月7日(水)8時5分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。