ここから本文です

(患者を生きる:3132)仲間と歩む 語ってつながる:3 闘病の経験、役立てたい

朝日新聞デジタル 9月7日(水)16時0分配信 (有料記事)

 東京大学の大学院で患者と医師ら医療者とのコミュニケーションの研究をしている、東京都在住の1型糖尿病患者、香川由美さん(35)は2012年2月、知人に誘われて、患者の語りを医療に生かすシンポジウムに出た。
 積極的に自らの病気の経験を語る患者を育てることで、医療現場を変えることをテーマにしていた。登壇した人たちの「話すことで自分の体験に意味を見いだせた」「伝えることで、自分も新たな気づきが得られる」などという言葉に共感した。
 客席から手をあげて、「1型糖尿病の患者です。たくさんうなずきながら聞きました」と発言した。……本文:1,860文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月7日(水)16時0分

朝日新聞デジタル