ここから本文です

ギャラクシーノート7の新色 韓国で予定通り10月発売

聯合ニュース 9/7(水) 11:02配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は、新型大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」の新たなカラーバリエーション、ブラックオニキスを予定通り来月韓国で発売する。同社関係者が7日、伝えた。

 同社は先月19日、国内市場で同機のブルーコーラル、シルバーチタン、ゴールドプラチナの3色を発売したもののバッテリーに欠陥が見つかり、販売を一時中止し回収を進めている。

 ブラックオニキスの来月発売に変更がないということは、販売再開を念頭に置いていることを意味する。

 同社は遅くとも10月から新製品への交換と販売を並行して行うとみられる。販売を一時中止しても消費者を対象にした広告やマーケティングは続ける方針を明らかにしていた。

 予約販売の時点で、半数を超える顧客がブルーコーラルを選び品切れとなった。これまでなかったブルー系が人気を集めるという同社の予想が当たった形だ。

 同社は海外市場でも国別に同機の販売カラーを調整している。

 米国ではゴールドプラチナ、中国ではシルバーチタンを販売していない。発売がずれ込んでいるインドではブルーコーラルを販売しない方針だ。

 こうした販売方法は後日、新色を追加発売する際により高い需要を生む戦略として評価されている。

最終更新:9/7(水) 13:02

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。