ここから本文です

長谷川博己、夏目漱石役にプレッシャー「漱石にしか見えない」と共演者は絶賛

シネマトゥデイ 9月7日(水)18時16分配信

 俳優の長谷川博己が7日、都内で行われたNHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」の試写会に出席した。本作で夏目漱石を熱演した長谷川は、感想を問われると「ものすごいプレッシャーでした」と苦笑い。一方、共演者の舘ひろしらは「漱石にしか見えなかった」と長谷川のなりきりぶりを絶賛した。

【写真】「夏目漱石の妻」出演者たち

 明治という激動の時代を駆け抜け、共に成長していく夏目漱石夫婦の姿を妻・鏡子の視点から描いた本ドラマ。会見には鏡子夫人を演じた尾野真千子、鏡子のいとこ・山田房子役の黒島結菜、鏡子の父・中根重一役の舘も出席した。

 長谷川は漱石役について「僕がやらせていただけるということで、最初ものすごくプレッシャーでした」と吐露。脚本の池端俊策からは当初「(漱石と違って)背が大きすぎる」と指摘されたといい、配役を変えられるのではと不安だったというが、撮影が始まるとそんな長谷川の漱石は共演者から大好評。舘が「夏目漱石にしか見えなかった。すごいなって思った」とたたえれば、黒島も「初めてお会いしたとき、前から歩いてきた長谷川さんは『夏目漱石が歩いてきた』って思うほどなりきっていらっしゃった」と絶賛した。

 また、尾野とは夫婦役で「撮影が楽しくて、尾野さんはいろんな不安を忘れさせてくれるくらい、僕のどんな芝居にもきちんと受け答えてくれた。芝居のキャッチボールを楽しむことができました」と長谷川が話すと、尾野も「台本の中で大変だなと思う心配がたくさんある中、長谷川さんとの撮影はいつもそうですが楽しくて……」と笑顔を見せた。

 尾野はさらに「鏡子という人は本当に自分の旦那さんを愛していたんだなって、それが台本から伝わってきて、わたしも長谷川さんの漱石を本当に愛することができた」とコメント。長谷川も夫婦役を通じて「夫婦とは何か、何が幸せかとかそういうことをいろいろと考えさせられるドラマだった。漱石は鏡子の献身的な愛情がなければああいう作品は作れなかったと思う」と感想を述べていた。(取材・文:名鹿祥史)

NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」(総合)は9月24日より、毎週土曜よる9時放送(連続4回)

最終更新:9月7日(水)18時16分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。