ここから本文です

住友電工、焼結部品メーカーのキーストーンを買収…米国自動車向け事業を強化

レスポンス 9/7(水) 14:23配信

住友電気工業は、米国大手焼結部品メーカーであるキーストーン・パウダード・メタルを買収すると発表した。

住友電工の米国子会社であるスミトモ・エレクトリック U.S.A.ホールディングス(SEUHO)と、SEUHOが設立する特別目的会社、キーストーンとの間で買収契約を締結し、特別目的会社とキーストーンが合併することで、SEUHOがキーストーンの全株式を取得する。買収の手続完了は9月末の予定。

住友電工グループの焼結部品事業は、住友電工焼結合金をマザー工場としてグローバル展開しており、日系メーカーを中心に自動車、部品メーカーなどに各種製品を提供している。

今回、キーストーン買収により、米国系自動車メーカーと部品メーカーへの販路拡大を図り、米国事業を強化する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/7(水) 14:23

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。