ここから本文です

「スター・トレック」最新作、日本オリジナルポスター公開!

映画.com 9月7日(水)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 人気SFアクションシリーズの第3弾「スター・トレック BEYOND」の日本オリジナルとなるポスタービジュアルが、初披露された。

 1966年9月にテレビドラマとして始まった「スター・トレック」シリーズは、今年50周年を迎える。リブート版の劇場シリーズは第1作「スター・トレック」、第2作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」とJ・J・エイブラムスが監督を務めてきたが、第3弾では「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リン監督にバトンタッチ。エイブラムスは製作として手腕を発揮している。

 本作は、何者かにエンタープライズ号を撃破され仲間と離ればなれになったカーク船長(クリス・パイン)が、見知らぬ惑星で冒険を繰り広げるさまが描かれるという。リン監督といえばド派手なアクションで知られているが、予告編に続き今回のポスターでも、クルーたちが空中都市をバックにシリアスな表情で銃を構えている姿が描かれており、シリーズ屈指のバトルを期待させる。

 ポスターには、スポック(ザッカリー・クイント)、ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)、スコッティ(サイモン・ペッグ)、ボーンズ(カール・アーバン)といったおなじみのキャラクターに加え、6月19日(現地時間)に死去した故アントン・イェルチンさん演じるチェコフも登場している。また、全体を彩る空色は「ワイルド・スピード」シリーズのポスターではおなじみのカラーで、リン監督のエッセンスをまぶした遊び心のきいたデザインといえる。

 「スター・トレック BEYOND」は、次期ジェームズ・ボンド候補にもなっているイドリス・エルバ、「キングスマン」の殺人マシーン・ガゼル役が記憶に新しいソフィア・ブテラが新たに参加する。10月21日から全国公開。

最終更新:9月7日(水)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。