ここから本文です

医療用画像などをクラウド環境で安全に共有できるサービス

MONOist 9月7日(水)8時55分配信

 ネットチャートは2016年8月23日、CT、MRIをはじめとする医療用画像や医師による所見などを安全に共有できるサービス「Cloud Radiology Service クララ」の提供を、同年9月1日から開始すると発表した。

【その他の画像】

 同サービスは、CT、MRIなどの検査画像を閲覧、管理するための「医療用画像管理システム(PACS)」をクラウド上に構築し、医療用画像データを患者情報や過去の検査履歴などと合わせて共有できるというものだ。

 まず、検査を実施した際、その病院では院内で撮影した医療用画像と診断所見(レポート)を、専用端末からクラウド上のPACSにアップロードする。PACSへはインターネット経由でPCやスマートフォンなどからアクセスできる。遠隔地の診療所や施設、主治医の自宅など、時間や場所を選ばず画像データや所見の共有が可能となるため、地域医療連携(病診連携)促進にもつながる。

 検査一覧は「検査ワークリスト」画面上で参照でき、検査画像と合わせて患者情報や過去の検査履歴などを一画面で閲覧できる。検査画像は専用のビュワーで高速表示され、過去の検査画像との比較も容易となっている。

 セキュリティ対策も強固だ。クラウド環境において「医療情報システム」を運営する場合に順守を求められる「医療向け3省4ガイドライン」(厚生労働省、経済産業省、総務省の3省が出している4つのガイドライン)に準拠したクラウド環境を利用。検査画像などの情報は、画面イメージだけを転送する仕組みで送受信され、実データはネットワークに流れない。そのため、機密性の高い医療情報が漏えいしたり、ユーザーの端末にデータが残ることがない。

 利用料金は月額10万円から(容量2TBまで)となっている。

最終更新:9月7日(水)8時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]