ここから本文です

PC本体とPCライフサイクル管理を一元化する月額固定制サービス

MONOist 9月7日(水)9時55分配信

 日本HPは2016年8月19日、PC本体とPCライフサイクルの管理を一元化する「HP Device as a Service」の提供を開始した。業務に必要なPC技術とサポートを効率的に導入し、PCをサービスとして利用するという新しいコンセプトのサービスとなる。

 提供される主なサービスとしては、「計画/設計」で、現状調査や導入計画の策定をし、「設定」ではOS・アプリケーションの設定、組み込みをする。また、データ移行やインストールなどの「展開」、ヘルプデスク、セキュリティ対応、IT資産管理などの「最適化」「保守」、データやデバイスの「廃棄」までが含まれる。

 このように、PCの本体およびライフサイクル管理全般を単一の契約として提供することで、企業は最新のハードウェアを利用しながら、PCに関わる総所有コストを計画的に管理できる。また、拡張性を備えているため、組織の変更に合わせたPC環境の調整も可能だという。

 料金はPCの使用料を月額固定制で支払う形で、契約期間中は、PCの設定やインストール、データ移行、保守、廃棄など、顧客に応じて最適化されたサービス・サポートが提供される。

最終更新:9月7日(水)9時55分

MONOist