ここから本文です

原口元気「このチャンス逃したらもうない」/日本代表

ISM 9月7日(水)13時20分配信

 日本代表は6日、2018年W杯アジア最終予選でタイと対戦し2対0で勝利した。以下は、試合後の原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)のコメント。

●原口元気コメント

「点を取ったので、そこは良かったと思いますけど、課題もあったし、もっとクオリティを上げたいなと思いました」

Q:左サイドでのスタメンだったが?
「変な話、久しぶりに左で使ってもらって、このチャンスを逃したらもうないだろうなと思っていましたし、覚悟を持ってやりました。監督には何度も、あそこで出たらゴールと言われていたので、一番分かりやすい結果が出たのはよかったかなと思います」

Q:左サイドでどんなプレーをしようと?
「特徴が違いますからね、キヨくんや貴史とも。僕は僕の良さを出そうと思ったけど、自分の良さだけ考えていても監督の求めているものとは違うので。何度も何度も裏に走るということもきついですけど、なるべく心がけてやりましたので、バランス良くできたかなと思います」

Q:結果が出て手応えは?
「良かったのは結果が出たこと。特に後半に関してはプレーの質も下がったし、僕自身、2点目、3点目を取れるチャンスはあったので、もっと強い相手になった時にああいうところで決めていかないと苦しい試合もあると思います。良かった面もあれば、課題というか、もっと強くて上手くならないといけないなという試合でした」

最終更新:9月7日(水)13時20分

ISM

スポーツナビ サッカー情報