ここから本文です

<早乙女ゆう>17歳の“ショートカット美少女”がビキニに 「ヤンジャン」グラビアに登場

まんたんウェブ 9月8日(木)0時0分配信

 女優の早乙女ゆうさんが、8日発売のマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)41号の巻末グラビアを飾った。早乙女さんは現役女子高生で、1999年2月27日生まれの17歳。“ショートカット美少女”などと話題になっており、グラビアでは、制服姿でベッドに横たわったり、水にぬれたビキニ姿などを披露している。

【写真特集】初々しくセクシーに 17歳の美少女がグラビアで大胆に変身

 早乙女さんは「週刊ヤングジャンプ」のグラビア界の“新星”を発掘する企画「ゲンセキ2016」の第3弾としてグラビアに登場。同誌39号から5号連続でエントリーする5人が巻末グラビアに登場しており、読者の投票によって選ばれた優勝者は、同誌の表紙と巻頭グラビアを飾る。

 「週刊ヤングジャンプ」41号では、女優の馬場ふみかさんが表紙と巻頭グラビア、センターグラビア、女優の片山萌美さんが巻末グラビアを飾った。

最終更新:9月8日(木)0時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。