ここから本文です

クビにして!乱暴なキャビンアテンダントに不満爆発

シネマトゥデイ 9月7日(水)21時40分配信

 テレビドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」でレイシー/ベルを演じているエミリー・デ・レイヴィンが、アメリカン航空のキャビンアテンダントの乱暴な態度をツイートし、同航空会社に彼女をクビにするよう要求した。

【動画】エミリー・デ・レイヴィン出演『リメンバー・ミー』

 エミリーによると、搾乳器の入ったバッグを機内持ち込みしたところ、あるキャビンアテンダントが彼女の手からバッグを乱暴に取り上げたという。幸運なことに、そのフライトのパイロットはとても優しく、理解がある男性だったとのこと。女性乗務員の乱暴な態度を謝罪し、彼女の名前と航空会社への苦情の入れ方を丁寧に教えてくれたそう。

 「搾乳器を持ち込もうとしているからと言って、腕力を使うことは許されることではないわ」「アメリカン航空はこの女性を解雇してください。この女性による最低の出来事以外はとてもスムーズで安全なフライトでした」とつぶやき、不満をあらわにした。これに対し同航空会社は「エミリー、われわれにとって、これはとても気になる出来事です。調査するため、より詳しい事情をお知らせください」と返事をしている。

 エミリーには今年3月、婚約者エリック・ビリッチとの間にヴェラ・オードリーちゃんが誕生しているが、このフライトには一緒に乗っていなかったようだ。(澤田理沙)

最終更新:9月7日(水)21時40分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。