ここから本文です

浅野拓磨「タイミングが合わなかった」/日本代表

ISM 9月7日(水)13時30分配信

 日本代表は6日、2018年W杯アジア最終予選でタイと対戦し2対0で勝利した。以下は、試合後の浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)のコメント。

●浅野拓磨コメント

「ゴールを取れたことは良かったですし、何より勝ち点3取れたことが良かったなとは思いますけど、もっともっと早くゴール取れたかなと思うし、満足できる試合ではない」

Q:動き出しが合わなかった?
「味方の選手も僕の動きを見てくれていたとは思いますが、タイミングが合わなかったりとか。そこはこれからもっともっと合わせていくしかないかなとは思いますし、僕自身も味方が出せるタイミングに動くところは課題としてやっていかないと」

Q:ゴールシーンは抜け出す形だったが?
「僕のタイミングとしては実はもう1つ早く動き出していたけど、そのタイミングで来ず1回止まっていたんですけど、1つ遅れたタイミングでハセさんがくれました。ベンチを見て、武藤君が準備していたりして、もしかしたら交代かなと思って。もうちょっと自分の中でのタイミングでは遅れましたけど、最後の力を出し切って。ボールもルーズでしたし、何とか頭で触ったらマイボールにできるかなと思って。タイミングは合わなかったですけど、自分の特徴が生きたかなと思います」

Q:1トップとして代表で先発するのは初めてだったが、やるべき仕事はどう捉えていた?
「チーム全体としても、まず僕の動き出しのところは1つのコンセプトとしてイメージは共有できているのかなと思いますし、僕自身も特徴のプレーだと思うので、出てこなくてもどんどん動き出すところは今日は意識してました。前で出ればそういう場面も増えてきて、僕にとっては特徴が生きるポジションなので、生き生きできたかなとは思います」

最終更新:9月7日(水)13時30分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。