ここから本文です

サッカー=リバプール、本拠地拡張後初戦にレスター迎える

ロイター 9月7日(水)10時59分配信

[6日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールは10日、拡張工事が完成した本拠地アンフィールドでの今季初戦に昨季王者レスターを迎える。

拡張後の定員はまだ正式発表されていないが、これまでより8500席増えて約5万4000席となるとみられる。

スタジアムの再開発はまだ進行中で、現在認可待ちとなっている増席が認められれば約6万席となり、ウエストハムとアーセナルの本拠地と収容人員数で並ぶが、マンチェスター・ユナイテッドの7万6000席には及ばない。リバプールは収容人員の増加により、シーズンで2000万ポンド(約27億円)程度の増収を見込んでいる。

10日の試合には1976─77年シーズンの最終戦で記録した5万5675人以来となる大観衆が詰めかける予定。当日はクラブのこれまでの歴史を物語る40本以上のバナーやフラッグがスタジアムを彩ることになるという。

最終更新:9月7日(水)10時59分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。