ここから本文です

30年4月開校へ 川俣・山木屋小中一貫校

福島民報 9月7日(水)10時45分配信

 福島県川俣町は東京電力福島第一原発事故の避難区域にある山木屋小と山木屋中を統合した小中一貫校について平成30年4月の開校を目指す。今年度中に山木屋小を増改築する新校舎の設計を終え、29年度に着工する。
 9月定例町議会に山木屋小の増改築設計業務委託料約7700万円を盛り込んだ平成28年度一般会計補正予算案を提出している。
 政府が方針を示している29年3月末の避難指示解除が正式に決まり次第、小中一貫校に通う年代の子どもの保護者を対象に帰還や通学に関する意向調査を行う。

福島民報社

最終更新:9月7日(水)11時33分

福島民報