ここから本文です

阿部さん(福島)最高賞 全国こけし祭りコンクール

福島民報 9/7(水) 12:03配信

 第62回全国こけし祭りの伝統こけしコンクールで、福島市の阿部国敏さん(43)が最高賞の文部科学大臣賞・全国こけし祭り会長賞に輝いた。福島県内からの最高賞受賞は平成22年以来、6年ぶり。阿部さんは土湯系こけしの工人で「受賞を励みに、これまで以上に土湯のこけしを広めたい」と喜びを語った。
 全国こけし祭りは2日から4日まで宮城県大崎市の鳴子小で開かれ、コンクールには全国の工人らから約300点の応募があった。阿部さんの作品は大正時代の作風を再現した力作で、味わいのある表情が高い評価を受けた。阿部さんは工人歴24年。各種のコンクールで入賞しているが、全国規模のコンクールで最高賞を受けるのは初めて。
 阿部さん以外の県内入賞者は次の通り。
 ▽宮城県知事賞=荒川洋一(会津若松)▽朝日新聞社賞=陳野原幸紀(福島)▽NHK仙台放送局長賞=佐藤英之(いわき)▽東北放送賞=野地三起子(福島)▽審査員奨励賞=瀬谷幸治(猪苗代)

福島民報社

最終更新:9/7(水) 12:12

福島民報