ここから本文です

Androidの月例パッチ公開、8月発覚の脆弱性も解決

ITmedia エンタープライズ 9/7(水) 8:11配信

 米Googleは9月6日、Androidの月例セキュリティ情報を公開し、2016年9月6日以降のセキュリティパッチレベルで多数の脆弱性を修正したことを明らかにした。パートナー各社には8月5日までに通知され、Nexus向けには9月6日、OTA(無線経由)でセキュリティアップデートが配信された。

【その他の画像】

 セキュリティ情報はパートナー各社が全Android端末に共通する脆弱性を優先して柔軟に対応できるよう、「セキュリティパッチレベル2016-09-01」「同2016-09-05」「同2016-09-06」に3分割して公開された。

 このうちセキュリティパッチレベル2016-09-06には、パートナーへの通知後に発覚した脆弱性の修正パッチが含まれる。具体的には、8月にセキュリティ企業が報告していたQualcommのチップセットに関係する4件の脆弱性のうち、未解決だった2件が今回のパッチで修正された。残る2件は8月までの月例Androidパッチで修正されている。

 他にもLibUtilsやMediaserverに存在するリモートコード実行の脆弱性、カーネルやUSBドライバに存在する権限昇格の脆弱性など深刻な脆弱性が多数修正され、計7件が危険度の最も高い「Critical」に分類されている。

 Googleによれば、今回新たに報告されたこれらの脆弱性を突く攻撃の横行は、確認されていないという。

最終更新:9/7(水) 8:11

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。