ここから本文です

袋井産米使い特別純米酒 磐田小売酒販組合

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月7日(水)8時40分配信

 磐田小売酒販組合は6日、袋井市産の酒米山田錦を使った特別純米酒「遠州てんこもり」を数量限定で発売した。

 春に製造した原酒を半年間、蔵で熟成させてなめらかな飲み口に仕上げた。2015年度に続き2年目の事業で、同組合が地域活性化を目的に商品開発した。

 大田泰彦理事長は「徐々に知名度が上がってきた。秋祭りなどの機会にみんなで飲んでほしい」と話した。

 磐田、袋井両市と森町の組合加盟店で取り扱う。販売本数は1・8リットル入り(税込み2700円)が144本、720ミリリットル入り(同1350円)が348本。

 問い合わせは同組合<電0538(32)3545>へ。

静岡新聞社

最終更新:9月7日(水)8時40分

@S[アットエス] by 静岡新聞