ここから本文です

9800万ユーザーの情報流出発覚、今度はロシアで

ITmedia エンタープライズ 9/7(水) 8:11配信

 大規模情報流出に関する情報提供サイト「LeakedSource」は9月6日、「ロシアのYahoo」と呼ばれる大手ポータルサイトから2012年に9800万人以上のユーザーの情報が流出していたことが分かったと伝えた。

【その他の画像】

 それによると、被害に遭ったのはロシアの大手サイト「Rambler.ru」で、2012年2月にハッキングされ、ユーザー名とメールアドレス、パスワード、インスタントメッセンジャー「ICQ」の番号などが流出した。

 LeakedSourceはこの情報を入手してデータベースに追加し、自分のアドレスやユーザー名が含まれていないかどうかユーザーが検索できるようにしている。

 Rambler.ruのパスワードは暗号化やハッシュ化などの対策が施されず、平文のまま保存されていたという。

 2012年にはLinkedInやMySpace、Dropboxといった米大手からの大規模情報流出も発覚していた。

最終更新:9/7(水) 8:11

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。