ここから本文です

9800万ユーザーの情報流出発覚、今度はロシアで

ITmedia エンタープライズ 9月7日(水)8時11分配信

 大規模情報流出に関する情報提供サイト「LeakedSource」は9月6日、「ロシアのYahoo」と呼ばれる大手ポータルサイトから2012年に9800万人以上のユーザーの情報が流出していたことが分かったと伝えた。

【その他の画像】

 それによると、被害に遭ったのはロシアの大手サイト「Rambler.ru」で、2012年2月にハッキングされ、ユーザー名とメールアドレス、パスワード、インスタントメッセンジャー「ICQ」の番号などが流出した。

 LeakedSourceはこの情報を入手してデータベースに追加し、自分のアドレスやユーザー名が含まれていないかどうかユーザーが検索できるようにしている。

 Rambler.ruのパスワードは暗号化やハッシュ化などの対策が施されず、平文のまま保存されていたという。

 2012年にはLinkedInやMySpace、Dropboxといった米大手からの大規模情報流出も発覚していた。

最終更新:9月7日(水)8時11分

ITmedia エンタープライズ