ここから本文です

高畑勲が短編アニメーションの魅力教える講座開講、「岸辺のふたり」など紹介

映画ナタリー 9月7日(水)12時23分配信

高畑勲が講師を務める「アニメーション文化講座 傑作アニメーションを、とことん味わおう」が、10月7日から28日までの毎週金曜、東京・三鷹ネットワーク大学にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

優れた短編アニメーションの吟味を目的にした講座では、第73回アカデミー賞の短編アニメ映画賞に輝いたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットによる「岸辺のふたり」、政岡憲三が監督を務め、1943年に公開された「くもとちゅうりっぷ」を紹介。ディスカッションを交えながら繰り返し鑑賞し、作品の魅力を紐解いていく。

現在、三鷹ネットワーク大学の公式サイトにて受講の申し込みを受付中。応募の締め切りは9月20日17時で、50人の定員を超えた場合は抽選となる。

なお高畑がアーティスティック・プロデューサー、デュドク・ドゥ・ヴィットが監督を務めるスタジオジブリ作品「レッドタートル ある島の物語」が9月17日より全国公開される。

アニメーション文化講座 傑作アニメーションを、とことん味わおう #1「岸辺のふたり」「くもとちゅうりっぷ」
2016年10月7日(金)、14日(金)、21日(金)、28日(金)東京都 三鷹ネットワーク大学
開催時間 19:00~20:30
受付期間:2016年9月20日(火)17:00まで
定員:50名 ※定員を超えた場合、抽選
<登壇者>
高畑勲
※10月28日(金)は、なみきたかし(アニメーション研究家)もゲスト登壇
受講料:一般 3000円 / 市民 2400円 / 市民在勤・在学 2400円 / 市民学生 1800円 /会員 1500円

最終更新:9月7日(水)12時23分

映画ナタリー