ここから本文です

高松空港の運営民間委託を正式決定、2018年4月から最長55年間

レスポンス 9/7(水) 16:06配信

国土交通省は、民間のノウハウを活かして高松空港の利用促進・サービス向上を図るため、2018年4月から高松空港の運営を民間に委託することを決定したと発表した。

高松空港の年間旅客人数は約181万人で、比較的規模の小さなローカル空港としては全国初の運営の民間委託となる。

高松空港の滑走路とターミナルを民間企業に一体運営させることで、民間のノウハウを活かして、路線誘致や利用者サービスの向上を図り、インバウンドやLCC(格安航空会社)需要を積極的に取り込む。

今回、民間委託に向けて公募選定手続きの概要を定めた「募集要項」を策定した。

運営を委託する期間は当初15年でオプション延長35年以内で、最長で55年間。運営を委託する範囲は、空港運営等事業、ターミナルビル事業、駐車場事業など。

国が公募により運営権者を選定する。運営権者は、滑走路などの運営とターミナルビルの運営を一体的に実施する。国は、公共施設などの運営権を設定し、運営権者から運営権対価を受け取る。

2017年8月ごろ優先交渉者を選定し、2018年4月1日に運営を委託する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/7(水) 16:06

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。