ここから本文です

松山 ボーナス10億円のチャンス!

東スポWeb 9月7日(水)16時48分配信

 ゴルフ米ツアーのプレーオフシリーズに出場中の松山英樹(24=LEXUS)が今季も10億円のチャンスを手にした。

 プレーオフ初戦の「バークレイズ」で予選落ちを喫したが、5日(日本時間6日)に最終ラウンドを行った第2戦「ドイツ銀行選手権」ではパッティングに復調気配を見せ、15位フィニッシュ。年間ポイントランクでは順位を1つ上げて16位とし、第3戦の「BMW選手権」(8日開幕)を前に、3季連続となる最終戦「ツアー選手権」(22日開幕)出場をほぼ確実にした。

 プレーオフは全4戦で争われ、ランク下位の選手が脱落するサバイバル方式。上位30人のみで争われる最終戦出場はトップ選手の証しでもある。

 加えて年間王者には各大会の賞金とは別に1000万ドル(約10億3000万円)の超ビッグボーナスも用意されている。第3戦終了時点の総合順位を基にポイントがリセットされるため、全選手に年間王者の可能性が残る仕組みだ。最終戦を5位以内で迎えた選手は勝てば、無条件に年間王者が確定。6位以下の選手が優勝した場合は、上位選手の成績次第となる。

 可能性を広げるためにも「BMW選手権」ではさらにランクを上げたいところ。「試合に勝つためにやっている。そのために少しでもいい状態に持っていけるように頑張る」。今季もいよいよ残り2試合、松山が米ツアーの頂点と特大のボーナスを目指す戦いに挑む。

最終更新:9月7日(水)16時48分

東スポWeb